大人になってからでも身長を伸ばす方法とは!?毎日できるストレッチを公開!

20代の働く男性200人にアンケート調査結果によると、1番のコンプレックスは「身長」だということがわかっています!

大人になってから身長を伸ばすことなんてできるのでしょうか?できるとしたらどんな方法があるのか気になりますよね?

身長を伸ばすということは、骨を成長させることになるので、骨端線(こったんせん)が閉じてしまった大人にはなかなか厳しいのが現実です。

しかし、諦めるのはまだ早いです。

成長期を過ぎてもやる気と努力があれば、身長を伸ばすことが少なからず可能性ではあります。
ただし、個人差がありますし、中には全く効果がでない人もいますので、身長が伸びることを必ず保証するものではありません!

ですが、やってみる価値は十分有りますので是非チャレンジしてみてください!
一体何をやるのかというと、

「ストレッチ」です。

8bbe0e4718ee2195743ae0aee306569b_s

体は硬ければ硬いほど伸びないので、ストレッチでほぐすことで少しでも伸びやすくする体作りが必要なのです。

ストレッチ方法

まず、ストレッチをやる意味については冒頭でも述べたように、体をほぐすことが目的です。
それ以外にも、ストレッチには目的があり、「体の歪みを矯正する」ことです。

ですから、「ヨガ」や「整骨院」、「カイロプラクティク院」などに通うことも効果的です!
この中でも、一番お手軽なのが自宅でもできて、忙しい人でもできるのが「ストレッチ」ですので紹介していきたいと思います。

起床時に行うストレッチ

・四つんばいの状態から、お尻を後ろへ引き上げて静止をします。
・四つんばいで、お尻を後ろに引いていって、かかとの上に乗せるようにします。
・背中がしっかり伸びていることを意識して、数秒間キープします。

日中に効果的なストレッチ

・立っていても、座っていても構いません。
・背筋をしっかり伸ばします。
・両手の手のひらを合わせたまま、バンザイをするように上に伸ばします。
・バンザイをする時は、天に指先が届くのをイメージしながら深呼吸をします。
・一日一回行うといいです。

寝る前に効果的なストレッチ

パターン1

・仰向けになります。
・手を頭の上に伸ばす。両手を組んで、両手の甲が頭側にくるようにします。
・手の先を見ながら、腕、首を伸ばす。つま先を伸ばします。
・ゆっくり、全身の力を抜きます。
・この動作を5回繰り返します。

パターン2

・うつぶせになります。
・体全体の力を抜きます。
・左右の腕を真横に広げる。指先も伸ばします。
・足をそろえ、つま先を伸ばす。この状態で後ろに反り返ります。
・あごを上げ、首を伸ばす。両足も上げます。
・最初の状態に戻します。
・この動作を5回繰り返します。
体勢は、腹を、布団・畳につけた状態でのブリッジです。普通のブリッジの逆だと思ってもらえばOKです。
体に負担がかかる動きなので、無理はしないでください。

パターン3

・座ったまま、足を伸ばします。
・右足のひざ下を10回軽く叩きます。
・左足のひざ下を10回軽く叩きます。
・同じように、ひざ上を10回ずつ叩きます。
・ずっと足を伸ばした状態をくずさないでください。

猫背を改善して身長UP!次のページで公開!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク